新型コロナの影響で苦境の飲食店をみんなで支えよう!

特集

日本の豊かな食文化を支える飲食店の危機


今、新型コロナウイルスの影響が全世界に広がり、
どこもかしこも本当に大変な事になっています。

ロジオ編集部のある静岡県西部の掛川・浜松地域も例外ではありません。
とくに飲食店は売上が前月比で半分以下という所も珍しくありません。

このままでは、地元の豊かな食文化が途絶えてしまう。

こんな時こそみんなの力を合わせて苦境を乗り切ろう!

という事で、

「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案する「Gigi」が、
西海みずき信用組合と連携して飲食店の支援を始めました。

今、TVでも注目されてる仕組み「ごちめし」とは?


苦境に苦しむ飲食店をどのようにサポートするのかというと、
Gigiが運営する「ごちめし」というサービスを活用して食事代を先払いをして飲食店の苦しい資金繰り助けます。

「ごちめし」とは「飲食店でのお食事」をアプリを通じてご馳走できるサービス。

ユーザーは友人知人へおすすめの「お店のお食事」をプレゼントという形で気軽に招待でき、
お店側は手数料無料でおすすめメニューのアピールや売上アップを図れる。

まさにWinWinのサービス。

新型コロナを乗り切るための「さきめし」という取り組み


今回Gigiは、この「ごちめし」というサービスをベースに
「さきめし」という取り組みをスタートしました。

「さきめし」はコロナ騒動でお店を助けたい!でも行きたくても感染が怖くていけない。。。

という方でも、

資金繰りが苦しいお店に先払いをして、コロナウイルスが収束したら、先払いした代金でお食事ができます。
最近、テレビでも取り上げられ話題となっている仕組みでGigiがいち早く取り組んでいます。

誰もが助け助けられながら生きている

 

普段は当たり前すぎて。豊かすぎてなかなか気づけないですが、
今回のように社会全体で問題が起こると、
私達の暮らしは多くの人が支え合って成り立っているんだと強く感じます。

仮に自分が無事であっても、街から美味しいお店が無くなっていたら面白くないですよね?
自分がトイレットペーパーたくさん買ってたくさん使えても買えない人たちがお店で喧嘩してたら危ないし嫌ですよね?

人間ひとりで生きられる訳ではないので、
こういう時は支え合って助けあっていくべきだとロジオ編集部は強く思います。

この難局、力を合わせてなんとしても乗り切りたいですね。

ここで与えた分は必ず、自分に帰ってきます。

ロジオ編集部も静岡県西部でお世話になっている飲食店さんがとても多いので、できる限りのサポートをさせていただきます。

さきめしに参加してほしい飲食店があれば、お店の人に「さきめし」の事教えてあげてください。
ひとりでは些細な事でも、みんながやれば大きな力になります。

みなさま、「さきめし」に参加して苦しむ飲食店を支えてあげませんか?

ごちそうさまの先払い「さきめし」特設サイトはこちら

ごちめしPRビデオはこちら

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

関連記事一覧